難病

病気? 膠原病?

膠原病?

聞いたことはあるけどどんな病気なのかわかりますか?

ネット検索すると色々出てきますが、種類は約30種類!病名は膠原病の中の〇〇となります。

素人にはほんとに難しい!難しいことは検索してもらうとして・・・

今回は膠原病と診断されるまでをわかりやすくご説明

 ⓵ 顔=頬にかぶれのような赤み
    痒みなし・元々化粧品を変えたり日に焼けると赤くなる。1週間ぐらい
    治らないので皮膚科に ➡「化粧品かぶれですね」
 ⓶ 両手指の関節にかぶれのような赤み
    痛みなし・痒みなし元々食器用洗剤などでかぶれる。2件目の皮膚科
    に行く➡細菌感染なし「かぶれですね」
 ⓷ 3週間目 体がだるく膝が痛い。 関節の腫れなし・仕事が忙しく残業
    続き➡動かなければ痛くない 疲れ? 休養して様子見る
 ⓸ 4週目 膝・肘の痛み強くなる 手や顔の赤み広がる
      ➡近くの整形外科に行く 膠原病?    
      ➡専門医に紹介される

診断まで早い方です。発症する3か月前は会社で健康診断を
受けていました

一般の健康診断では見つけにくい 症状はあっても特殊検査しないとわからない場合が
多いです。

例えば

血液検査CRP(炎症反応)が高い ➡ 肝機能を示す値が高いでも他は異常なし
「肝臓の治療をしましょう」➡ 治らない ➡ 精密検査すると合併症があった。➡ あらゆる
 検査といろんな科を受診 ➡ わからない ➡ストレス性なんていわれ心療内科へ

なんてこともあります。これだけで随分と時間が経っています。

危ない!

 

膠原病の先生なら通常の検査だけでなく特殊な抗体検査をして早期診断に
つながります。
お医者さんも得意分野は色々! 
検査していくうちに膠原病にたどり着くでしょうが間質性肺炎を合併していたら
そんな悠長な事を言っている場合ではありません。

膠原病そのものでは命の危険はないでしょう。完治はしないけど寛解(安定した状態)
はできる。しかしこの間質性肺炎は自己免疫が肺を攻撃!進行が速いのが特徴です。
治療を間違うとあっという間に肺中に広がり呼吸不全に陥る。

 

皮膚の赤み・関節の痛みよりも肺や臓器を攻撃していることの方が怖い!

そして若い女性の発症が多いです。一人暮らしで今まで何ともないのでまさか!と思って病院に
いくのが遅れる。若いと進行も早いけど治りも早いことが多いので、

*もともとアレルギー体質
*皮膚の赤み・関節の痛みがなかなか治らない
*疲れやすい・体が異常に冷えるなどの症状があれば大きな病院で検査をしてもらう。
*何科?➡総合内科
*膠原病かも?と疑われたら大学病院を探す。(過去記事見てね)
*不安や病状の悪化からドクターショッピングしないように情報を集める!

まずは インフルエンザや風邪などの時々かかる病気と違う症状が

でたら先送りせず検査に行きましょう!

診断がつくまでほんとに不安です。少しでも何かのお役に立てたら

と思います。 つらい・痛い・怖いから早く解放されますように!

では また

 

 

 

ABOUT ME
greengarl
人生山あり谷あり 2人の娘を持つシンママです 危機は突然やってくる!初めて経験することは 失敗ばかり そんな日常をつぶやいています 覗いてみてください  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。