難病

ステロイド・ハイ?

ステロイド・ハイ?

ステロイド・ハイ 聞いたことありますか?
何だかかっこよく聞こえますが、ステロイドにより自分の意思に反して多幸感が出て
興奮する副作用です。俗にゆうステロイド精神病ですね。
そもそもステロイドって?

ステロイドとは
◎元々私たちの体体の中で作られる副腎皮質ホルモン
◎腎臓の上部にある副腎の外側の部分で作られる
◎ストレスから体を守り、生きていく上で必要不可欠な働きを持つ
◎身体の中の炎症を抑えたり、免疫力を抑制する
◎筋肉を増強したり、筋肉の疲労を早く回復させたりする
◎「奇跡の薬」と呼ばれ非常に効果は高いが副作用も強い

調べてみると理解はできます。でも症状が突然出るわけではなく徐々に
強くなっていくので、初めて経験するとわかりずらい!

娘は膠原病の皮膚筋炎で診断された日から1日40㎎の大量投与が始まりました。

2日目~劇的に体が動くようになる   ステロイドすご~い!
3日目~機嫌がいい・よくしゃべる   食欲増進・不眠?
4日目~わがまま?・わけもなく笑う
    夢か現実かのの区別がつかない ?なんかおかしい?
5日目~実は2日間寝ていない
    夜間徘徊・興奮        ステロイド・ハイだ!

てな感じです。最初のうちは症状が良くなって機嫌が良いぐらいしか思って
いませんでしたが日に日にひどくなります。
でも薬を減らすわけにはいかないので目が離せない!

副作用は十人十色です。うちの場合は精神症状がひどかった。

「こんな幸せ気分は生まれて初めて♡」

なんていってました。つらいよりはいいとしても夜中の徘徊は危ない。
日に日にわけがわからなくなり

「ぁ~お花畑きれいね♡」
~どこ?汚い病室ですけど・・・

「空を飛べそうな気がする やってみようかな!」
~いやいや 死にますけど・・・

「焼肉行こう」
~食べ物の話ばかりやな・・・

「あの女(主治医)ぶっ飛ばす👎」
~はじめて聞いた!コミュ障じゃなかったの?

振り回されあたふたしました。
これは特殊かも・・・
最初の病院は娘(私も)と主治医が合わなかった。最初から問題発言連発
の女医でナースも冷たい・同室ばあさんは意地悪
療養環境がすこぶる悪くてひどく症状が出ていたんです。

~持論ですが~
◎もともと大人しい性格で多幸感・興奮に慣れていない
◎気が小さく初めての病気が難病で怖かった
◎入院した病院が悪かった

これが原因でひどかったのかな~ それと徘徊や興奮がひどいので主治医が
(ナースも)困ってこっそり向精神薬を追加してた事
(転院まで知らなかった)が大きな原因!
あまりにやぶ医者なので颯爽と転院したらすっかり良くなりました。
ステロイドの量は関係ありませんでしたよ。

ステロイド・ハイは徐々にやってくる
●薬の量だけでなく療養環境も大事!
●もともと気が小さく興奮に慣れていないと精神症状が強く出る!
(若いと特に)
●大量投与が必要な場合は精神科のある病院で治療する!
(専門外が適当に使うと危険なので)

病状が良くなるとステロイドは減っていきます。副作用も少しずつ良くなりますよ。
今つらい時期を過ごしている方が安心して療養できますように♡
では また

ABOUT ME
greengarl
人生山あり谷あり 2人の娘を持つシンママです 危機は突然やってくる!初めて経験することは 失敗ばかり そんな日常をつぶやいています 覗いてみてください  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。