ダメ亭主DV夫からの逃亡

ダメDV亭主からの逃亡!なぜ逃げられないのか?

ダメDV亭主からの逃亡!なぜ逃げられないのか?

先日、とても悲しいニュースが流れていました。

千葉県野田市 10歳(小4)女児虐待死

小4女児が父親からの虐待の末自宅浴室で死亡しているのが
見つかった事件です。
色々な情報が飛び交いその後母親も逮捕されています。

この父親以前から妻や子に暴力を振るっていたサイコパス

DVを日ごろから受けていると逃げられなくなってしまいます。

なぜそのような状況になるのか?経験をもとにお話します。

DV夫は外面が良い

基本的にDV夫は外面が良い傾向にあります。自分の家族以外にはとても
親切で優しく、面倒見がいい。それは

自分が一番好きだから

付き合っているうちはとてもやさしく温厚
結婚したとたんに豹変

良くある話です。最近はデートDVなるものが存在しますが、
もし結婚してなければこれはれっきとした暴行罪
すぐにでも警察が動くでしょうが、結婚した後では

民事は介入できない

大きな壁が立ちはだかります。
そして、日ごろの「いい人」という印象から周りの人に信じて
もらえないこともしばしば・・・

そして孤独になり周りから孤立してくことになります。
私の場合も、人に知られるのが恥ずかしいという気持ちが大きく
誰にも相談できませんでした。

ついに DV亭主と結婚ついに DV亭主と結婚 運命的な出会いから何だかんだで付き合いだして2年… だんだんと私の家庭の事情も分かってきた彼 何も...

苦難を乗り越えて本当の夫婦になっていくという幻想がどんどん
追いつめられる原因になりました。

男性に殴られるとショックが大きい

そもそも女性は暴力には縁遠い。女性同士けんかしたところで
殴られることはめったにありません。口喧嘩くらいです。

日本男児というブランドがあり、「まさか男性に殴られるとは信じがたい」
と誰もが思っていると思います。

そして、力の強さが断然違う!
親にもゲンコツされることなく育ち、結婚して初めて受ける暴力が男性からによるもの。
これが

超 痛い

最初の一撃で恐怖が植え付けられてしまいます。女性は感情の生き物ですが、
この一撃で何も言えなくなり、悪夢の日々が始まります。

逃げればいいじゃんッ

そう 逃げればいいと普通は思います。でもその普通のことが考えられなくなる
サイクルに陥ってします。

逃げられないサイクルとは?

最初の一撃 ~ショック でも私も言い過ぎたから~
        ↓
嘘のように優しい ~あれ?あの時はストレスがたまってたのかな?~
        ↓
二撃 ~キレると怖いんだ!気を付けよう~
        ↓
嘘のように優しい ~次はないよね大丈夫~
        ↓
だんだん殴られる回数が多くなる ~怖い・何も言えない~
        ↓
嘘のように優しい ~機嫌を損ねないように生活しよう~
        ↓
何もしなくても殴られる ~離婚しようか?逃げようか?~
        ↓
逃げても見つかればただでは済まない。逃げるなんて無理
        ↓
しばらく殴られない ~もう大丈夫かな?~
        ↓
またDVが始まる

これの繰り返しでだんだんと気持ちが小さくなり、恐怖に支配されていきます。
女性は子供がいると余計に守りに入る。もし子供にまで暴力が及んだら?
行動を起こすにしても経済的に難しかったり、一人では不安だったり・・・
いろんな感情が 逃げる という行為から遠ざけてしまいます。

また日本では親権が一番強く、子供の学校や保育園の在籍はすぐにばれてしまいます。
逃げてもスグに見つかってしまうのが現状です。

私はDV夫から逃亡シェルターや母子寮に入った経験がありますが、夫にバレて
子供を連れていかれ泣く泣く帰らざるを得なくなった人をたくさん見てきました。

逃げても絶対バレる
見つかった後の報復が怖い

これで逃げられなくなり、どんどん最悪な状態に陥っていく事になります。

どうしたらいいの?

ここまで来るときっと絶望しか感じないでしょう・・・
でも方法はあります(^▽^)/

私は逃げ切ることが出来たから~
きっかけはこちら↓

ダメ亭主との決別 自分を取り戻すダメ亭主との決別 自分を取り戻す 結婚生活 自分が思い描いていたものと全然違った 結婚して4年 ダメ亭主は相変わらず。 博打...

誰か助けて!どうしようもない!と思っているのは今の状況のせいです。
女性は子供を産み守り・育てるためにとても強くなる生き物です。

小さくなった気持ちからすると、行動を起こすのは並大抵の覚悟じゃ難しい
ですが

今のあなたは本当のあなたではありません

まず、本当の自分を知っている人 昔からの親友や先輩・親・兄弟
に相談することから始めてください。

そして落ちついて、計画を立てて逃げる準備をする。

私の場合 夫が泥酔している隙に、車と現金2千円を握りしめ4歳と1歳児を連れ家を出ました。
車を運転しながら

~このまま3人で死んでしまおう

としばらく彷徨いでも、死ねなかった。
死ぬのはとても勇気が要ります。死ぬ勇気があるならきっと何とかなる

あれから18年人生山なし谷ばかりですが、強く生きています。
死なずに頑張ってよかったと思っています。

虐待死について思うこと


あの事件はDVと言うよりはサイコパス
常に暴力を受け続け母親も精神が破綻した。子供は親を選べませんどんなに
辛かったことでしょう。

考えるだけで涙が溢れます。
日本の行政は子供だけを守るシステムはほぼないに等しい。
助けを求めてもその声は届かず悲しい結末へ・・・

親と子どもは切っても切れない。それなら負のサイクルに陥る前に
まず親を救済する。

DVを許さず、見て見ぬふりをしない。大人のためではなく未来ある子供の為に・・・

ではまた

 

ABOUT ME
greengarl
人生山あり谷あり危機は突然やってくる!  2人の娘を持つシンママ(^^♪ 娘の病気をきっかけに働き方に迷っているベテランナース♡自分のできることはなんでもする♡ハンドメイドアクセサリ作家♡マクロビオティックセラピスト♡初めて経験することは失敗の連続♡食事見直し娘の心因性非てんかん発作が改善(^^♪♡未来はきっと明るい♡悪戦苦闘する模様をお届けします♡覗いてみてください♡