難病かもと言われたら 膠原病

難病治療費の償還払い難っ!高額療養費制度と難病医療費助成制度

難病治療の償還払い 難っ! 
高額療養費制度と難病医療費助成制度

今回は償還払いのお話第2弾 

家族や自分が突然難病に侵される。特に難病の
中でも稀なものは診断や病状が落ち着くまで
時間がかかります。

治療できる医者を求めドクターショッピング
したり、診断がはっきりせず検査や治療方法
を変更したり・・・

病状も心配(ノД`)シクシク
治療費も莫大(ノД`)シクシク

難病と言われるくらいですから医療費助成制度
も一般人にはとても分かりずらい

つたない私の経験を参考に乗りきって
いただけたらと思います♪

高額療養費制度って何?

我が家の場合も突然の診断と入院でパニックに
なりました。2日前まで仕事に行っていたので
まさかの出来事です。

私は長くナースをしております。特殊検査や
特殊な投薬治療からきっと入院費が莫大に
来るだろうと予測できました。

厚生省より

高額療養費制度とは、医療関係機関や薬局の窓口で支払った額がひと月
(月の初めから終わりまで)で上限を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度

上限額は、収入および年齢によって
定められています。

70歳未満

所得区分 ひと月当たりの自己負担限度額
年収約1160万円~
健保:標準報酬月額83万以上
国保:年間所得901万超
252600円+(医療費-842000円)×1%
年収約770万~約1160万円
健保:標準報酬月額53万以上83万未満
国保:年間所得600万円超901万円以下
167400円+(医療費-558000円)×1%
年収約370万円~約770万円
健保:標準報酬月額28万円以上53万円未満
国保:年間所得210万円超600万円以下
80100円+(医療費-267000円)×1%
年収370万円
健保:標準報酬月額28万円未満
国保:年間所得210万円以下
57600円
住民税非課税 35400円

その月の月末までに限度額適応認定書の手続き
をすることで支払う医療費を減らすことが出来
後から払い戻しを申請する手間が省けます。

社会保険加入者は 協会けんぽ
国保加入者は 各市町村窓口

難病の種類によっては50万円や100万円という
入院費がかかります。
まずは限度額適用認定証の手続きを
しましょう。

償還払い 難っ!とはどういうこと?

ここからが本題です。

一般的な認識

 ~入院費かかるだろうな… 
   高額医療費制度があった!
   さっそく手続き!

 ~難病の認定の手続き…
   認定されたら償還払いで医療費が
   戻ってくるといわれひと安心だな 
   ホっ(^^♪

私もそう思っていました。限度額適用認定証を
使っても1か月の医療費は(特に発症直後)
10万円を超えます。それが何か月も続くと
どんどんお金が無くなっていく。

でも後から戻ってくるから大丈夫かぁ

とのんきなものでした。
ところが驚愕Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
3分の1程度しか戻らなかった。

そのからくりは?

例えば

☆69歳以下で1か月の医療費が100万円
☆3割負担
☆限度額は57600円
☆特定医療費自己負担上限額は1万円

特定医療費の認定を受けるまでは高額医療費
制度を使います。

治療費100万円⇒自己負担額30万円⇒
限度額適用認定証57600円

医療費は月57600円

単純に 
   57600円×6か月=345600円

約6か月後特定医療費認定証が手元に届くと
   月1万円

「さかのぼって償還払いできます♪」

と申請時に聞いていた私は発症した月から
指定難病で特定医療費制度を使えると
思っていた(ノД`)シクシク

想像していたのは支払った医療費から1万円を
引いた金額が戻ってくる♪
~部屋代や食事代などはもちろん
 戻ってきませんよ~

ところが過去の治療費については健康保険
優先!

償還払いは  
支払った医療費×6か月-特定医療費上限額月1000円×6か月
       
 345600-60000=285600円

途中で転院した病院を申請していなかったため
(申請中も必要だが知らなかった)
一部は戻ってこず。結局総額の約3分の1でした。

トホホ

入院や治療をすると治療費だけではなく
交通費・衣服代・飲み物代
何やらかんやらお金がかかる。

我が家の場合最初の病院で診断と治療を
間違えて転院したのでその分
必要以上にお金がかかりました。

難病だからと言ってそんなに治療費が
安くなるわけないやんっ

まあその通りです。戻ってきた金額を見て
愕然としましたが、今も順調に回復する
娘を見ていると

安いもんだ(^^♪

と思っています。
難病法が新しくなり、国や市町村の担当者も
いまいちわかっていません。

あるいはこちらから聞かないと
答える義務はない。なんて思っているのかも。

今までほとんど病気をしたことが無く、保険料
や税金をせっせと払ってきて大変な時に
窓口対応の冷たさに

ビックリ!

厚生省のホームページよりも実際に経験した方
のブログからの情報がどんなに役に立ったか
わかりません。

無知で世間知らずだった私の経験が少しでも
誰かのお役に立ちますように(^▽^)/

では また

ABOUT ME
greengarl
人生山あり谷あり危機は突然やってくる!  2人の娘を持つシンママ(^^♪ 娘の病気をきっかけに働き方に迷っているベテランナース♡自分のできることはなんでもする♡ハンドメイドアクセサリ作家♡マクロビオティックセラピスト♡初めて経験することは失敗の連続♡食事見直し娘の心因性非てんかん発作が改善(^^♪♡未来はきっと明るい♡悪戦苦闘する模様をお届けします♡覗いてみてください♡